日本経済を活性化させる為には、国家を挙げて、IT・バイオ・ゲノム等の最新産業の育成が急がれることは言うまでもありませんが、今一度見直さねばならない重要な伝統産業として"農・食・医療(薬)"産業があります。中でも日本各地には、古来からの伝統と文化に基づいた様々な"日本の食材"があり、それらを現代に蘇らせ、まったく新しいスタイルの「ジャパンフード」として誕生させ、21世紀型の"農・食・医療(薬)"産業構築への一助としてまいりたいと思います。そこで注目すべきは、ライフスタイルとしてのファーストフード&カフェです。

 これまで市場を形成しているファーストフード&カフェは、全て欧米型コンセプトに基づいており、古代より日本人を育んできた、四季折々の伝統的食文化(食養)を無視しています。しかし、ファーストフードは既に一つのフードスタイルとして日本社会に定着しており、1970年大阪万博においてケンタッキーが実験店を成功させてから、マクドナルド、モスバーガー、ロッテリア、ウエンディーズ、ドトールスターバックス、タリーズ、ミスタードーナッツ等と、今や店舗数は1万店を悠に超え、総売上は3兆円に迫るほどになりました。安くて、早くて、お洒落、そして気軽に使える。今の若者にはフィーリングがとても合う。最近は中年サラリーマンも多いし、若い女性に人気の店も増えています。これからも、益々増えるでしょう。

 このファーストフード&カフェ市場に於いて、日本版スローフードとしての「ジャパンフードカフェ」事業を成功させ、"ジャパンフードルネサンス"を実現することは、今後の少子高齢化の日本にとって大変有意義であり、日本の伝統的食文化復興の第一歩であると考えられます。"食"は人の命を支える根本中の根本事です。したがって、"ジャパンフードルネサンス"とは"イノチ"の食の大切さを復興させ、生きる事の原点を見直す大変重要な作業となります。

 つきましては、甚だ不躾では御座いますが"ジャパンフードルネサンス"を世界中に実現する為に是非、皆様の御力をお借りしたくお願い申し上げる次第で御座います。どうか宜しくお願い致します。

代表取締役社長 中谷 靖 

Copyright (C) 2004 Japan Food Renaissance co.ltd All Rights Reserved.